JIRIKI

AQUOS R2 compact SH-M09を買いました

ガジェット 記事公開日: 2020年3月20日 / 最終更新日: 2020年3月20日

132viewsこの記事は過去に132回閲覧されました。

最近は毎年機種を変えているような気がします。EssentialのPH-1は長く使おうと思っていたんですが、一昨年の年末に落下ガラス割れという最悪の結末になり「高い端末を買いたくない」という謎の信念からUMIDIGI S3 Proを利用していました。長らく海外スマホばっかり利用していたので久々の日本メーカー端末です。

スマホのサイズはこうあるべき

まず以前はこの機種めちゃくちゃ高かったんですよね。それがこの3月にセールが始まり19,800円で購入できました。MVNOからMNPというのが一番端末を安くGET出来るコツかな、と。

サイズのコンパクトさは有名なところだと思いますが驚くほどコンパクト。

photo by sharp

iPhone5が正統進化したらこうなっていたのでは?というくらい手にしっくりきます。画面サイズは5.2インチしかないのですが、液晶が実にキレイ。細かいところまでキッチリ作ってある印象です。

倍速120Hz駆動IGZOディスプレイ は実際に触らないと伝わりにくいのですが、Ingressがヌルヌルして凄いです。ものすごいヌルヌルします。 Snapdragon 845 搭載なのでハイスペック系に位置するコンパクトスマホ。それがAQUOS R2 compact SH-M09です。

質感

質感はもうプラスチッキーです。しかしまぁそのあたりどうでもいいんじゃないかなとは思います。所詮ガジェット、毎日使いの道具でしか有りませんし。

シャープ端末は昔から SH-01E Vivienne Westwood やSH-07Dなどコンパクトに振り切ったスマホが多いので好感が持てます。こういうコンパクトスマホは絶対に作り続けていただきたい。ちなみに私は過去のシャープコンパクト端末は全部所有してました。

ちょっと浮気したのはXperiaの SX SO-05D くらいですね。

UMIDIGI S3 Proとの大きさ比較。こんなに大きさが違います・・・。

総評

AQUOS R2 compact SH-M09 は結構評価が割れる端末のようです。電池持ちがーとか、発熱がーとか・・・。結局「そういう端末」ではないんです。コンパクトでハイスペックこそ大正義。そこだけに魅力を感じて使う愛が必要な端末です。愛こそすべて。

基本的なスマホとしての性能はミドルレンジ以上のものが確実にあるので、4万円以下で入手できれば絶対に満足できると思います。PH-1も4万くらいだったので、あれよりも満足度は高いと思いますね。小さいし可愛いので。

カメラも言われるほど悪くないですよ。

シャープさんはR3 compactを今年の年末までに出していただければ来年それを買います!

\ 激推し ZOOM G1 Four /

サイト内検索

過去1週間の人気記事