JIRIKI

FLASHFORGE Adventurer3Xでプリントしたオリジナルメカを塗装した

ガジェット 記事公開日: 2020年6月11日 / 最終更新日: 2020年6月11日

25viewsこの記事は過去に25回閲覧されました。

FLASHFORGE Adventurer3Xで遊びまくるためにFusion360が必須なわけですが、PCスペックが低いので思い切ってPCを買い増しすることにしました。到着が7月3日頃なので楽しみです。

さて、FLASHFORGE Adventurer3Xでプリントしたオリジナルメカを塗装してみました。タミヤなどからでている「戦車用」の模型塗料を筆塗りで完成させました。最近は平筆なども100均で売ってますから「筆は使い捨て」してます。

エコ?くそくらえですね。

オリジナル設計のメカなのですが、一気にプリントすると10時間コース。しかも途中で失敗するとがっかり感が半端ないので、上部・足部で2分割で印刷してます。

サイズ感はこれくらい。FLASHFORGE Adventurer3Xだと15cm×15cmで印刷できるので時間があるときにフルサイズで印刷してみたいとは思ってます。そうなると全部フル稼働にしたくなりますが、このデータ重すぎてPCが止まっちゃうことがしばしば・・・。新しいPCがとどいたらもっと複雑なデカいメカの設計に挑戦します。

我ながらかっこいい。

\ 激推し ZOOM G1 Four /

サイト内検索

過去1週間の人気記事