JIRIKI

新日清麺職人 味噌にカップ麺の一つの頂点を見た

フード 記事公開日: 2020年3月23日 / 最終更新日: 2020年3月23日

37viewsこの記事は過去に37回閲覧されました。

いつの間にかリニューアルしていた日清麺職人 味噌。スーパーでは実売117円(税込)とリーズナブルな価格のカップ麺です。

さて、カップ麺といえば大きく2極化しているのは御存知の通り。ひとつは「名店の味を再現」する方向性のカップ麺。コンビニで売っている**店監修とか、ニュータッチ凄麺シリーズなどが挙げられます。もうひとつは家で手軽に食べることが出来る「食べ物」としてラーメンを選択したパターンです。

ですから、ラーメンと言う形態を取りながらラーメンを食べるというより「腹を満たし舌が喜ぶ」ことに重点を置いている商品が多いわけです。デカ盛りとかを考えると分かりやすいんじゃないでしょうか。カップヌードルも「ラーメン」とは言えませんし。あれは「カップヌードル」と言う食べ物です。

開封、かやくを入れる

ノンフライ麺、かつ全粒粉入の麺で総量は麺65gとなっています。この価格帯でよくやったなと既に手放しで称賛したいところですが、開封していきましょう。

かやくと後入れスープのみという潔い仕様。以前はノリが入っていたんですが、あれは不要だと思いますマジで。かやくの量はこの価格帯のカップ麺にしては多いような気がします。

ひと味上を目指すカップ麺マイスターなあなたには、にんにくを追加で入れることをオススメします。チューブやすりおろしにんにくを1片程度入れると味噌の味が更に引き立ちます。唐辛子を入れたい場合はこの段階で鷹の爪を入れるといいでしょう。

トッピングを準備する

味噌ラーメンと言えば卵。というかカップ麺を楽しくいただくためにもトッピングはちゃんとしたほうが良いです。たまごは頭が隠れるくらいの水をはり、写真のようにふつふつと沸騰してきたら5分で完成。

沸騰後は中~弱火で5分するとよいでしょう。中がゆるゆる過ぎず丁度いいゆで卵になるはずです。

ソーセージも準備。これは香燻なんかを弱火で色味がつくまでゆっくり火を入れます。ゆっくり調理することで「市販のソーセージこんなにうまかったっけ?」となります。保証します。

実食

スープを入れる前の段階。麺同士が絡みついているのが分かりますかね。弱ほぐししてもこの様になるので麺がしっかりとスープを引き寄せます。

かやくもフリーズドライモノと比較してもいいくらい、キャベツが「ちゃんと」してます。某味噌デカ盛りとは次元の違うかやく。

うまい! カップ麺は麺が強すぎたり、スープの主張が強すぎたり中々バランスが難しいのですが日清麺職人 味噌は双方がピッタリマッチしてます。下手するとコンビニの**店監修シリーズを蹴散らす美味しさです。

おわりに

日清麺職人 味噌はカップ麺として一つの頂点を極めた。と言っていいでしょう。どちらかというと味噌ラーメンは苦手、味噌ラーメンは人類には早すぎた。と思っている人こそ口に入れて欲しい一品。

\ 激推し ZOOM G1 Four /

サイト内検索

過去1週間の人気記事