JIRIKI

P5S ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ クリアしました

ゲーム 記事公開日: 2020年3月24日 / 最終更新日: 2020年3月24日

12viewsこの記事は過去に12回閲覧されました。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ やっとこさ1周終わりました。ちょっとラスト前でやる気が無くなるのはいつもの悪い癖。ゼルダもガノン手前で中断している・・・。

さて、P5SですがLV67 36時間ほどのプレイ時間で1周が終わりました。ボリューム感としてはまずまずといったところですが、サブクエストのボリューム感が若干薄いのでは。という感じ。サブクエストももうちょっと単純に依頼をこなすだけ以上の何かが欲しかったところです。

本記事はネタバレを一切含みません。

ゲーム性について

前回もちょっと書いたんですが、爽快感のあるアクションRPGといったところ。無双系に分類されるのですが、ペルソナとうまく融合しています。どちらかというと葛の葉ライドウVS シリーズを思い浮かべるほうが良いのかもしれません。

アクションがさほど得意でない人もボタン連打である程度なんとかなる難易度が用意されているので、プレイに詰まることはないはず。

残念なのはかなりオミットされたペルソナ合体。手持ちのペルソナから選んで合体、はできず「リストで合体結果を選ぶ」方式です。これはなんとかならなかったのか・・・。ペルソナ数自体もかなり減ってますので、P5と同じ感覚でプレイするとちょっと残念な気持ちになるのは確か。

しかしながら、ゲーム全体の流れやゲームの完成度への評価が下がるほどのものではありません。安心してプレイしてください。

ストーリーについて

日本各地の都市を回る、といっても実際に舞台になるのは6都市。各所にいわゆる異世界が用意されていて、一度訪れた異世界は何度も訪れることが出来ます。異世界のシャドウのLVは固定なので、ゲームが進行するほどサブクエストの難易度が下がります。

サブクエストにメインクエストを上回るものはありませんので、メインクエストを集中して一気に進めると30時間くらいのプレイ時間になるかな?と。

メインストーリーが夏休みまるまる1ヶ月なので、青春爆発という感じ。コミュの成長などはないので、そのあたりを期待せずにプレイすると良いかと。

後半は特にP5の正統続編にふさわしい展開が待ってます。

巷で言われている話

Switch・ダウンロード版をプレイしたのですが、巷ではローディングが長すぎる。というレビューが目立ちます。パッケージ版はもしかするとそうなのかもしれないですが、ダウンロード版は少なくとも「ゲームが中断されてイライラする・気持ちが途切れる」ほどのものではありません。

この程度で気持ちが萎える人はちょっとカルシウムが足りないか、最近のソシャゲに飼いならされてしまったのでは?と思わざるを得ませんね。

初代PSを思い出せ!と言いたくなります。

ゲームへの要望・・・

P5シリーズはP4から続く流れでおそらく新規ゲームはこのあたりで打ち止めでしょう。正統続編をプレイできた、という点で言えばP4を確実に上回った感があります。P4はP4Gのマリーで補完されたゲームですし、あちらの続編は格ゲーでしたしね。

アクションRPGと言うジャンルにペルソナを当てに来たのは、今後の展開にめちゃくちゃ期待できるのでは?と思っています。ライドウ新作なんとか出ないかな・・・。

あ、そう言えばP5Rとの関連はないのでP5の続編ですよ。

\ 激推し ZOOM G1 Four /

サイト内検索

過去1週間の人気記事