JIRIKI

NEO-VQS ミニ四駆VZシャーシレビュー

ホビー 記事公開日: 2020年4月6日 / 最終更新日: 2020年4月6日

56viewsこの記事は過去に56回閲覧されました。

めちゃくちゃ待って3月28日に到着、さっさと組み付けして今日シェイクダウンできました。いやはや、久しぶりのミニ四駆たっぷり遊びましたのでご紹介します。

最新シャーシ

VSシャーシの正統進化版として登場したVZシャーシなんですが、割と前評判が割れてましたね。結論から言うといじりやすくて面白いので、ARシャーシ同様「それっぽく遊ぶ入門用として買い」です。

ボディは黒なので、つや消しトップコートを吹いただけ。それだけでぐっと引き締まるデザインの良さはさすがと言って良いかも。ARシャーシに乗るボディなら何でも乗るような気はします。

基本構造

純正でバンパーレスが実現しているので、パーツの組付けがめちゃくちゃ楽。この点はARシャーシよりも何倍もいいと思います。バンパーカットとかしなくていいですからね。個人的にはこれだけでARシャーシよりもオススメできちゃう。

ARシャーシと異なり適度な抜きがあるため剛性感よりも、しなりを生むシャーシ。この点が若干微妙で各部パーツの遊びはARよりも多めかな?など。ARシャーシの場合したからモーターを入れる構造なので、下蓋にスポンジ詰めればそれだけで結構良かったんですが。

モーターの設置は緩いかな?

フロント周りは色々試行錯誤できる感じ。私はバンパー下にこのようにフロントブレーキつけてみました。

大体39.76mのコースでARシャーシ若干改造で9.5秒、この状態のVZシャーシで10.18秒くらいとなりました。ブレーキ周りを外すとARシャーシより速そう。安定感は抜群でコースアウトはしにくいかな、と思いました。

総評

正当進化、というよりミニ四駆で遊ぶ人を増やすための一台として優秀かなと思います。いや、ARシャーシより取っつきやすいしカスタムしがいがあります。バンパーレスなのは本当に良いですね。これからVZシャーシの改造ノウハウがでてくるのが楽しみなところ。

\ 激推し ZOOM G1 Four /

サイト内検索

過去1週間の人気記事